介護サービス付きの施設

男性と女性

入居条件は施設ごとに違う

介護を必要とするお年寄りの入居施設としては特別養護老人ホームがよく知られていますが、もう1つ、介護付き有料老人ホームという施設もあります。特別養護老人ホームと介護付き有料老人ホームの違いは、主として事業主体にあります。前者が地方自治体や社会福祉法人が運営する公的な性格を持っているのに対し、後者を運営しているのは主として民間事業者です。そのため、それぞれの施設ごとに入居条件やサービス内容が異なるのが特徴となっています。介護付き有料老人ホームを利用する場合は、まずは資料請求等を行って入居条件をチェックする必要があります。介護付き有料老人ホームには介護が必要な人のみが入居できる専用型と、自立生活が可能な人でも入居できる混合型の2種類があります。後者の場合は特に問題ありませんが、前者の場合は事前に要介護認定を受けている必要があります。正式な入居に先立って、多くの施設が体験入居を実施しています。実際に施設内で数日間生活してみて、これから長く暮らしていけるかどうかを判断します。入居の意志が固まったら、利用の申込みから施設側の入居審査、入居契約の締結、入居費用の支払い、そして引越しという流れで手続きを進めていきます。なお、審査及び契約時には戸籍や印鑑証明、健康診断書などの書類を提出します。中には交付までに時間がかかるものもあるので、事前に必要書類を確認し、余裕をもって準備しておくようにします。また、ほとんどの施設で身元引受人の選定を求められるので、そちらの準備も必要です。