介護付き老人施設

室内

施設の仕組みとサービス

介護付き有料老人ホームは高齢者にとって最後の住まいとなる場所ですから、入居を検討している方は仕組みやサービス内容をよく理解することが大切です。福岡に家族がいる方は福岡周辺の介護付き有料老人ホームを選ぶ方が多く入居する方も家族も安心です。介護付き有料老人ホームは介護法の特定施設生活介護に指定された高齢者向けの施設です。入居者の居室の車椅子で十分に移動できるような広さになっており、トイレや洗面所が備え付けられています。介護付き有料老人ホームでは、介護が必要な高齢者3人に1人の介護スタッフが付くように配慮されています。方福岡の介護付き有料老人ホームはには、自立タイプ、介護専用タイプ、混合タイプの3種類があります。自立タイプは施設に入居する時は元気だがいずれは介護が必要になる方が入ります。介護専用タイプは要介護1以上の方が入居できる施設で、混合タイプはどちらの方でも入居できます。入居可能年齢は60歳または65歳以上の方で夫婦の入居も可能です。福岡の介護付き有料老人ホームでは食事、排泄、入浴、機能訓練などの介護サービスのほか、看護師などによる健康管理、イベント企画などのサービスを行っています。福岡の介護付き有料老人ホームでは、病院に隣接している施設や特定の病院と提携している施設もあります。入居する際には入居一時金と月額利用料が必要になります。入居一時金は0〜数千万円となっており施設によって大きく違います。月額利用料は10〜30万円台が一般的で、この中には食事などの様々なサービス料が含まれています。ただし、外部の業者を利用したときの費用やおむつ代などは別途請求になります。